WEBZINNE

website-buildingのサムネイル

ウェブサイト構築

アクセス数を増やしたい時に考えたいポイント

WEBZINNEトピックス編集部のアイコンWEBZINNEトピックス編集部

公開日:2020年11月13日

アクセス数を増やしたい時に、どのようにサイトを成長させるのか、拡張させるのか、という観点で考えるべきポイントをまとめました。

Webサイトの成長戦略は基本的には二つしかない

Webサイトの成長戦略は基本的には二つしかありません。面か点かです。

サイトの戦略において「面か点か」というのは、「ページ数を広げて数を取る」というロングテール戦略か、「1ページの集客を増やす」というヘッド戦略かの二つに分けられます。

サイトにおける面戦略は餌を巻いている状態

サイトにおける面戦略は「どれが引っかかるかはわからないけど、とりあえず引っかかるのを待つ」ということですので、いわば餌を巻いている状態です。

ロングテール戦略で有名どころは通販サイトのアマゾンで、「アマゾンにない商品はない」という状況を作り出すことで、小さな集客を広く取っています。

ロングテール戦略は、ある程度オリジナリティの高いページを作成できれば、SEOなどで比較的簡単に集客ができるため、成長戦略として導入しやすいのがポイントですが、一方で効果が出るのに時間がかかります。

サイトにおける点戦略

ピンポイントで強いページ(商品・情報)を持つという意味では、お店で言えばセレクトショップなどが当たります。これらはネームバリューやページ自体の強さが大事になるので、サイト運営者の知名度や、ページのオリジナリティが高くないと成立しません。

また、ネームバリューやオリジナリティがあっても、サイトへの送客する仕組みが出来ていないと集客に繋がらないので、ブランディングやノウハウの蓄積など、ロングテールよりもコストがかかります。

ただし、うまくハマった時の爆発力はロングテールの比でないので、サイト作成からすぐに大きな集客を得ることも不可能ではありません。

実際には「面と点の組み合わせ」でサイトは成長する

点は「強い面」になる

実際にサイトを運営していると、サイトの中でも「人気のジャンル」「アクセスが少ないジャンル」が見えてきます。そこで考えたいのが「面と点」です。

傾向が見えているのであれば、基本的に「人気のジャンル」という点にフォーカスして、その点を面に広げていくのが一番早くアクセスを増やす王道です。そうして拡張していくうちに点だったものが強い面になっていきます。

面はどんどん広げていく

一方で、地味ですが「アクセスが少ないジャンル」をさらに増やして「面を広げていく」ことのも重要な作業です。手をつけていないジャンルは「今は0だけど100になるかもしれない」いわばお宝のような状態です。ここを開拓しないと、競合には勝てません。

特にSEOで集客しているようなサイトでは、ある日突然点で取っていたページが圏外になるうこともあるので、常に「アクセスが増えるかわからないけど、餌巻き用のページ」は増やしていくことが非常に大事です。

サイトの成長に近道はない

面と点の戦略は基本中の基本ですが、「どちらが正解」というものでもありません。サイトやジャンルの特性などによっても異なります。

一つ言えるのは、サイトの成長に近道はないということです。面を選んでも点を選んでも、おそらく同じように時間もコストもかかります。どちらの戦略が合うかは、その都度分析しつつチャレンジしていくのが大事です。