WEBZINNE

seoのサムネイル

SEO

「LCP の問題: 2.5秒」の原因と改善方法

WEBZINNEトピックス編集部のアイコンWEBZINNEトピックス編集部

公開日:2020年10月6日

画像や音声などのメディアに関連する警告である「LCP の問題: 2.5秒」の原因と改善方法をまとめました。

LCPは「Core Web Vitals(CWV)」の一つ

Largest Contentful Paint(LCP)は、Googleが行なっている「ウェブにおけるユーザー体験の向上を目的とした取り組み(=Web Vitals)」のうちの一つの指標です。「ページ上のファーストビューにおいて占める割合が最大サイズのコンテンツ(動画・画像など)がブラウザで表示される(視認可能になる)までの時間」と解説されています。

LCPは「警告」「改善が必要」「警告」の3つの値で評価されます。

意味良好改善が必要警告
LCP最大コンテンツの描画2.5秒未満2.5〜4.0秒4.0秒以上

「LCP の問題」の原因

全てのコンテンツの描画が完了するまでであれば、条件によっては厳しくなりますが、最大コンテンツの描画であれば、基本的には「画像のサイズ指定間違い(大きすぎる)」か「画像の減量漏れ」がほとんどかと思います。

それ以外の原因があるのであれば、サーバーからのダウンロード速度が遅いというのが考えられる原因です。

「LCD の問題」の解決方法

基本的にはメディアに関連するトラブルなので、ページ上のファーストビューで表示される画像をブラウザの開発者ツールで確認して、

  • サイズは適切か
  • 容量は減量できないか

をチェックして対応すれば解決するケースがほとんどでしょう。

もしサーバーからの応答速度が遅いのであれば、サーバーを移転するかCDNなどの高速ネットワークを利用して解決することになります。

「LCD の問題」が解決出来たかを確認する方法

これはGoogleのPageSpeed Insightsを使うのがベストです。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsには、「Largest Contentful Paint(LCP)」という項目があります。ここが問題Search Consoleで修正の検証を送信して構いません。


「LCP の問題: 2.5秒」の原因と改善方法をみてきました。

これまでは、FIDに関しては「目標値」くらいのものでしたが、アップデートによってランキングシグナルになることがわかっているので、放置しないできちんと対応するようにしましょう。