サイト運営にSEO順位チェック計測ツールは必要か?

サイト運営に必要とされる「SEO順位チェック計測ツール」は本当に必要かを、SEO順位チェック計測ツールで出来ること、できないことをあげながら検証してきます。

SEO順位計測ツールとは?

あるキーワードに対して、自サイトのページが、

  • 現在何位にあるのか?
  • ライバルサイトの順位
  • 公開からの順位の推移

が計測できるツールです。

サイトを運営する上で、狙ったキーワードを獲得できているか、またはGoogleのアルゴリズムアップデートによる順位変動を検知するという使い方もあります。

SEO順位計測ツールを導入する目的は何か?

SEO対策というと、

  • キーワード調査
  • 順位チェックと競合調査
  • 被リンクチェック

というのは、やること3大項目として紹介されます。

どれもやっても良いとは思いますが、実施したことで得るリターンを決めてから実行しないと意味がありません。

順位チェックと競合調査で言えば、自サイトの順位チェックや順位の推移を確認することが、サイト運営にプラスになるのであれば積極的に取り入れましょう。もし、「順位の推移を眺めているだけで、順位の上がった、下がったで一喜一憂してる」のであれば、SEO順位計測ツールを見る時間を別の施策に使った方がプラスになるでしょう。

SEO順位計測ツールがやっていること

SEO順位計測ツールがやっていることはシンプルで、

  • 対象キーワードでの自サイトのページの順位と推移
  • 対象キーワードでの上位ページ(ライバルページ)の確認

の二つです。

どちらGoogle検索かGoogle Search Consoleで無料で手に入る情報ですが、これらの情報が「自分用のデータとしてまとまっていること」がSEO順位計測ツールの強みであり、唯一のメリットです。そこに価値がないのであれば導入するメリットはないでしょう。

データを集約するのが面倒だからという理由で導入するケースも多く、それはそれでツールが有益ならば導入するメリットになります。

SEO順位計測ツールでSEO施策が出てくる?

検索順位のランキングデータが揃っていたからといって、SEO施策がパッと出てくるものではありません。

競争の激しいラージキーワードは、順位チェックしたくらいでは順位を改善する対策は出てきません。もっと大掛かりなサイト規模での戦略が必要です。

逆に、スモールキーワードでは、きちんとキーワードにーずを調査して、ニーズにマッチした適切なコンテンツを投入すれば、順位チェックをするまでもなくある程度順位は上がります。

現代のSEOで大事なのは、キーワード需要と最適なコンテンツのマッチングなので、順位の推移に詳しいSEOマニアになってもサイト運営にはプラスにならないかもしれません。

SEO順位計測ツールで出来ること・出来ないこと

SEO順位を上げる -> 上がりません

SEO順位計測ツールは、あくまで計測するだけですので、導入したところでSEO順位は上がりません。

SEO順位計測ツールがバックグランドでやっていることは、

  • ボットとして対象キーワードでGoogle検索をする
  • 対象サイトがページ上に現れるかをチェックする

というシンプルなことです。これでSEO順位が上がるわけがありません。

Googleの順位変動に対応できる? -> 念密な調査をすればできます

Googleは、通常年に2、3回検索エンジンのアルゴリズムをアップデートします。「Google変動」などと言われるもので、アップデートによって大幅に順位を落とすサイトがあるため、その度に「日々の順位チェックが大事だ」という声が聞かれますが、Googleの順位変動に対応するには、

  • 変動前後の詳細な順位データ
  • 変動前後のライバルサイトのコンテンツの変化
  • 変動前後のライバルサイトのリンクの変化

を総合的に分析する必要があります。

これは念密かつ膨大な調査が必要な作業で個人でやることは現実的ではありません。SEOを専業にしている専門家や事業者はもちろんこれが仕事なので必要な作業ですが、サイト運営者はこれらを調査するくらいなら、専門家に聞いたり、専門家のサイトで情報を得る方がプラスでしょう。

「専門家の調査はざっくりとしすぎていて、自サイトに応用できない」という面もありますが、専門家でもキーワード毎に詳細な順位変動の要因を出すのは時間のかかる作業と聞くので、素人であるサイト運営者が中途半端な知識で調査をするくらいなら、自サイトのコンテンツを見直して、加筆・修正する時間に割いた方が有意義でしょう。

順位が下がったページを検知できる -> できます

SEO順位計測ツールは、順位の推移を集計するツールなので、順位が下がったページを検知するのに最適です。

ただし、これは「SEO順位計測ツールでしかできないこと」ではありません。

急な順位変動を検知したいなら、「アクセスが減ったページ = 順位が落ちたページ」なので、アクセス解析で十分です。SEO順位計測ツールを検討するくらい知識のあるサイト運営者なら、Google Analyticsは導入済みでしょうから、Google Analyticsで「ページアクセスが急に下がったページ」レポートを作っておけば良いでしょう。

長期的な推移を見たいなら、Google Search Consoleでも十分です。データは数日遅れになってしまいますが、それでもGoogle本家のデータなので正確です。


サイト運営にSEO順位チェック計測ツールは必要かを見てきました。

SEO順位チェック計測ツールを使いこなせるくらいのサイト運営者、例えば企業のインハイスSEO担当者などにとっては有用なツールですが、通常のサイト運営者が日々使うツールとしてはちょっと大掛かりすぎるのがSEO順位チェック計測ツールです。

日々の順位をチェックするのは楽しいですし、順位が上がったグラフを眺めるのは快感ですが、それに時間やリソースを取られないようにしましょう。