WEBZINNE

seoのサムネイル

SEO

コンテンツにオリジナリティを出してSEOで競合に勝つ方法

WEBZINNEトピックス編集部のアイコンWEBZINNEトピックス編集部

公開日:2021年2月3日

SEOではオリジナルコンテンツが重要と言われます。今回は、SEOで競合に勝つために、どのようにオリジナルコンテンツを作成すれば良いのかをまとめました。

SEOキーワードでの競合をしっかり調査する

よく「同じようなアイデアは世界で10人は考えている」と言われます。自分ではオリジナルだと思っていても、実際には他の人が同じことをすでにやっているというのはよくあることです。

ですので、まずはSEOキーワードでの競合コンテンツはどのようなものがあるかを事前にしっかりと調査することが大事です。

その際に、

  • コンテンツのボリューム(文字数ではなく、関連記事などの厚み)
  • 使っている類似多いキーワード
  • サイトの規模

に注目します。出来れば、エクセルなどに書き出すと良いでしょう。

競合サイトの多くが、サイトの規模が大きく、コンテンツのボリュームに厚みがある場合は、そのキーワードで戦うのは分が悪いので、敢えて諦めるのも大事です。

競合にない視点でコンテンツの骨組みを考える

競合サイトの調査が出来たら、競合サイトにない視点を探します。自分の感覚で探すのも良いですが、通販サイトのレビューやSNSなどで実際のユーザーの声を調査して、競合に足りない視点を見つけましょう。

全てのコンテンツが競合サイトと被らないことは難しいかもしれませんが、メインコンテンツが新しい視点であれば、立派なオリジナルコンテンツになります。

新しい視点が見つかったら、その視点を骨組みに、実際に肉となるコンテンツの中身を決めていきます。

競合にない体験を実際や取材をする

競合サイトにないオリジナルコンテンツを作り出すなら、競合サイトにない体験を実際にするのも一つの手です。Youtubeなどで人気の「XXXやってみた」などはこれにあたります。

他の人がやらないようなことをやってみるのがベストですが、あまりに突き詰めると過激な方向にいってしまいがちなので、バランスに注意しましょう。

もし、体験するのが難しいのであれば、体験者にインタビューするのも良いでしょう。

競合サイトと内容が被らないようにコンテンツを作成する

コンテンツを作成する下準備が出来たら、実際にコンテンツを作成します。その際に、なるべく文言やキーワード、表現で競合サイトと被らないように注意しましょう。

また、写真や動画、図解などのリッチコンテンツを多めに入れるとより差別化することが可能です。


コンテンツにオリジナリティを出してSEOで競合に勝つ方法を見てきました。

簡単に言えば、

  1. 競合にない視点で
  2. 競合にない体験を加えて
  3. 競合と被らないコンテンツを作成し
  4. リッチコンテンツで差別化する

という4つのポイントです。

あげれば簡単ですが、実施に作業するとなるとかなりコストのかかる作業になりますが、オリジナルコンテンツはSEOで息が長い傾向にあるので、コスパは高めです。

コンテンツ作成の際の参考にして見てください。