Webサイト運営に有料のSEOツールは必要か?

Webサイト運営でSEOをするというと、有料のSEOツールを使う記事をよく目にしますが、本当にWebサイト運営に有料のSEOツールは必要かを検証しました。

SEOツールごとに必要性をチェック

ページ順位(SEO順位)計測ツール

ページ順位(SEO順位)計測ツールというと、GRCなどが有名です。

検索順位チェックツールGRC

かつては、Google公式のWebマスターツールが提供するデータに詳細なデータが少なかったため、かなり有用だったページ順位計測ツールですが、現在ではGoogle Search Consoleでかなり詳細なデータ(順位、表示回数、クリック率など)が取れるため、課金してまで使うメリットは少なくなりました。

Google Search Consoleにない大きなメリットとしては、自サイト以外の検索順位も精査できる点ですが、このあたりはSEO専門家でもない限り不要でしょう。

リンクチェックツール

SEOではリンクが非常に重要です。リンクチェックツールは、自サイトやライバルサイトのリンクを解析してくれます。arefsなどが有名です。

arefs

ただ、かつてと違って、自然発生でないリンクを構築する、いわゆるブラックハットSEOは通じなくなっているのと、多くのユーザーがSNSに移行している現在では、かつてのように自然リンクが発生しにくい現状があるため、リンクチェック自体があまり効率の良いSEO手法と言えなくなっているのが現状です。

また、そもそもGoogle Search Consoleでも自サイトへのリンクはチェック可能です。

ライバルサイトに貼られているリンクをいちいちチェックするよりも、ライバルサイトよりも優れたコンテンツを作成する時間を増やした方がSEOには効果的かもしれません。

競合サイト解析ツール

競合サイトがどれくらいのアクセスを、どこから得ているのかなどを調査できるツールです。競合解析ツールは、データが不正確だったりしますが、概ねの肌感覚は掴めます。Similarwebが有名です。

SimilarWeb

競合サイト解析ツールについては、Googleの公式ツールで代用することができません。また、SEOというより、SEM(検索エンジンマーケティング)という意味で、ライバルサイトの規模を肌感覚でも数値で視覚化できるのは、サイトや記事のターゲットを決める上で重要です。その意味では、今でも有用と言っていいでしょう。SEM専門家ではない限り、基本的には無料版で十分だと思います。

キーワード解析ツール

キーワードに対して、検索エンジンでの順位や、キーワードの月間検索数、キーワードのSEO難易度などを計測してくれる総合ツールです。ページ順位計測ツールの拡張版と言った形でしょうか。Ubersuggest(NEIPATEL)などが人気です。

Ubersuggest(NEIPATEL)

総合ツールとしては使いやすいので、ざっくりと調べたい時には有用ですが、詳細なキーワード戦略を練る時にはちょっと力不足というイメージ。

あくまで、誰でも取得できるデータにちょっとした独自情報を追加して、見易くしたサービスなので、「表面上をさらっと確認するだけ」なら有用ですが、課金をしてまで使う意味があるかは不明です。

まとめ

最後に、SEOツールごとの特徴や代替案などを比較してみましょう。

ツール 機能 著名サービス 必要性 代替案
ページ順位計測ツール キーワード順位の変遷をチェック GRC Google Search Console
リンクチェックツール 被リンクの強さなどを解析 arefs Google Search Console
競合サイト解析ツール 対象サイトのアクセス数などの解析 SimilarWeb -
キーワード解析ツール キーワード基準の総合ツール Ubersuggest -

SimilarWeb(競合サイト解析ツール)については、代替サービスも少なく、無料で比較的データも見せてくれるので、今でも有用と言えます。それ以外のツールは基本的にはGoogle公式ツールなどで代用ができるため、SEO専門家や広告代理店の分析担当者などのプロが使う分には良いですが、サイト運営者が日々の業務で使うようなツールではないでしょう。

どんなツールでも同じですが、「ツールを使うことで”やった気分”になってしまう」というのが一番危険です。ツールを使っていると「わかったつもり、やったつもり」になりがちなので気をつけましょう。

SEO解析ツールは、

  • 目的を持って
  • 必要なデータを元に解析して
  • 実行・検証を行う

という一連のスキームの中で、必要不可欠なものだけを厳選して使うと良いでしょう。