商品ページに設定したい構造化データまとめ

商品ページの検索流入を向上させる、商品に関する構造化データをまとめました。具体的なJSON-LDのコードも例示しています。

商品(Product)

商品に関する構造化データです。

  • リッチリザルトで詳細な商品情報を表示
  • Google 画像検索で商品にバッジを付けて表示

という二つの検索結果での露出強化ができます。

商品 | Google 検索デベロッパー ガイド

<script type="application/ld+json">
  {
    "@context": "https://schema.org/",
    "@type": "Product",
    "name": "商品名",
    "image": [
      "画像URL-1",
      "画像URL-2",
      "画像URL-3"
     ],
    "description": "商品説明文",
    "sku": "商品の販売者固有番号",
    "mpn": "グローバル識別子(本のisbnなど業界、国際基準番号)",
    "brand": {
      "@type": "Brand",
      "name": "ブランド名"
    }
  }
  </script>

構造化データ自体はシンプルなので、通販サイトなど商品データを持っているサイトでは簡単に追加が可能です。

上にあげた例はProductのベースの部分で、それに、

  • review
  • aggregateRating
  • offers

のいづれかを組み合わせて使うことが必須条件とされています。

商品のレビュー記事:reviewと組み合わせる 商品の販売ページ: offersやaggregateRatingと組み合わせる

といった形で使います。

Review

ページのレビューデータを検索エンジンに伝える構造化データです。単体で使うのではなく、

  • 書籍
  • コース
  • イベント
  • ハウツー
  • ローカル ビジネス
  • 映画
  • 商品
  • レシピ
  • ソフトウェア アプリ

などの、他の構造化データと一緒に使います。

"review": {
  "@type": "Review",
  "reviewRating": {
    "@type": "Rating",
    "ratingValue": "4",
    "bestRating": "5"
  },
  "author": {
    "@type": "Person",
    "name": "レビュー者名"
  }
}

レビューに関する構造化データは、AggregateRatingというのもあります。

先ほどの「Review」が単一ライターによるレビューなのに対して、AggregateRatingは不特定多数のユーザーレビューの平均値を出す場合に利用します。

"aggregateRating": {
  "@type": "AggregateRating",
  "ratingValue": "4.4",
  "reviewCount": "89"
}

商品 | Google 検索デベロッパー ガイド

よくある質問(FAQ)(FAQPage)

商品やサーブスなどに関するよくある質問(FAQ)を表示する構造化データです。この構造化データは商品に限らずサービスなどにも利用できます。ユーザーが商品について「喋り言葉」で検索する際に効果を発揮します。

配列形式で複数データを入れることができるので、関連する複数のFAQを入れて置くことで、幅広くリーチすることができます。

{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "FAQPage",
  "mainEntity": [{
    "@type": "Question",
    "name": "質問1",
    "acceptedAnswer": {
      "@type": "Answer",
      "text": "答え1"
    }
  },{
    "@type": "Question",
    "name": "質問2",
    "acceptedAnswer": {
      "@type": "Answer",
      "text": "答え2"
    }
  },{
    "@type": "Question",
    "name": "質問3",
    "acceptedAnswer": {
      "@type": "Answer",
      "text": "答え3"
    }
  }
  ]
}

よくある質問(FAQ) | Google 検索デベロッパー ガイド

書籍、動画、コース、定期購入などは独自の構造化データを使おう

同じ商品でも、

  • 書籍 (Book)
  • 動画 (VideoObject)
  • コース(Course)

など、独自の構造化データが用意されている場合は、そちらを利用します。

特に、書籍 (Book)とコース(Course)は、専用の値があるため、そちらに合わせた方が検索での一致性が向上します。


商品ページに設定したい構造化データまとめをみてきました。

データさえ揃っていれば、設定自体はとても簡単にできるので、ぜひ設定してみてください。